読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のどぐろパート Moo!Movie!

映画に飲み込まれた迷い主

Twitterを一か月やめてみてわかったこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

 わけあってTwitterを一か月ほど使わなかったのですが、そこで変化したことや気づいたことをリストアップしてみようと思います。

 

  1. 思考力が伸びた
  2. まわりの意見を気にしなくなった
  3. イライラすることが減った
  4. 情報に疎くなった
  5. メールを確認するようになった
  6. 純粋に物事に取り組めるようになった

 

 

  • 思考力が伸びた

思考力を数値化して比べたわけではないのであくまで私個人が感じたことなんですが、明らかにTwitterをやっている前と比べて思考力が上がったと感じました。

具体的にどう思考力が伸びたのかということですが、私の場合は単純に自分で考えることが増えたという感じです。

 

というのも、Twitterをしている時はいちいち何かニュースについてのまわりの人のコメントを検索していたのです。なので自分で一からその物事について考えるのではなく、他人の意見から自分の考えを探していたことがほとんどでした。

 

そのため、普段自分の意見を求められた時にあまり答えを出すことが上手くなかったのですが、Twitterをやめてなんでも検索せずに自分から考えることで自分の意見を持つことができるようになったと感じます。

 

 

  • まわりの意見を気にしなくなった

Twitterでは色んな人が意見を発信しており、リツイートやお気に入りの数でその意見の優劣が目で見てわかる状態にあると言えます。

なので、何かに対して意見を言いたい時にどうしてもその優劣を気にしてしまっているところが私にはありました。

そのせいでつい最もらしい意見を持つようになっていた気がします。

Twitterをやめた時には、無駄に人の意見やその優劣を気にすることなく過ごせたので、自由に思考ができるようになりました。

 

 

  • イライラすることが減った

自分のフォロワーに限らず、Twitterでは必ず自分の気に障る意見を発信する人がいます。そのツイートを見てしまったがために、イライラしてしまうことも少なくありませんでした。Twitterをやめれば、そんなイライラする意見を目にすることはなくなるので以前よりも心が穏やかに生活できました。

 

 

  • 情報に疎くなった

イライラするツイートも含め膨大な情報がTwitterによって得られることは間違いないです。自分で取捨選択して情報を得るのではなく、Twitterの場合は思いがけない情報の獲得が多いでしょう。その新しい発見を提供してくれる情報の獲得量は残念ながら明らかに減少しました。

 

 

  • メールを確認するようになった

これが一番Twitterをやめてよかったと思う理由かもしれません。

以前は、大量にくるGメールやらEメールをこまめに確認する癖がなく、500通未開封という状態もありました。

それは確認するのが面倒だからです。スマホを手に取ったらすぐにTwitterをしていたものですから、ちょっとの空き時間はほぼTwitterに使われてしまい面倒なメールの確認は後回しにしていました。

けれども、Twitterをしなくなると空き時間が余るんですね。

そして「まあ、暇だしメールでも確認するか」となるのです。

おかげで、メールを見ることが癖になり大事な連絡の返事が遅れることもなくなりました。

 

 

  • 純粋に物事に取り組めるようになった

これ、どういうことかわからない人はわからないと思うんですけど、

今している行動の目的がTwitterFacebookに投稿することになっていた状態から脱却できたと言ったらわかる人にはわかるかもしれません。

 

例えば一人で焼肉にいくとします。

しかしそれはただ単に一人でもいいから焼肉が食べたいという思いで焼肉屋さんに行ったはずなのに、なんだか「これはTwitterで”一人で焼肉なう”とツイートしたらウケるな」という考えが頭に浮かぶんですね。

 

それで、自分のような上級者となると常にネタ探しのような状態になります。そのことが純粋にしたかったはずなのに、Twitterにツイートすることが最終的な目的となってしまうのです。

 

面白いことを探すために行動することが良くないというわけではなく、そんなつもりがないのになんでもネタ探しをしているような状態になると結構きついものです。

散歩して心をリラックスさせようと思っても、Twitterのことで頭がいっぱいで全く休まることができないのですから。本当もう中毒状態ですね。

 

 

 

 

 

以上、私がTwitterを一か月やめてみて変化したことや気づいたことを紹介させていただきました。

情報に以前よりも疎くなったということを除いて、Twitterが癖になっている人にとってはやめることはメリットばかりあります。

ちなみに、やめて1日2日は気になってつい開いてしまうことがあるかもしれませんが一週間過ぎればあとの三週間は全然余裕でした。

 

頑張って一週間耐えてみましょう。きっとその時には自分に変化が現れているはずです。