読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のどぐろパート Moo!Movie!

映画に飲み込まれた迷い主

レビューサイト「Filmarks」で特に映画好きに注目されいてる”2015年夏のおすすめ映画”をまとめてみた

映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:nodogurokun:20150719225730j:plain

※2015年7月19日更新(未観賞)

記事概要

映画レビューアプリ「Filmarks」でクリップ数が600以上の7,8月注目映画をまとめました。(公開7/25~)

▼2015年夏映画の感想まとめはこちら!!

「ミッション・イン・ポッシブル」「ジュラシック・ワールド」をはじめ、規模に関わらずその他多くの名作映画が生まれそうな今夏!!

そんな夏に特に映画好きに注目されている作品をストーリーとコメントと共に紹介しています。是非映画選びの参考にしてもらえたらなと。

すでに海外で上映された映画に関しては、IMDbの評価(海外最大級レビューサイト)を載せています。

おすすめコメントなどは私がレビューをみたりHP、予告で受けた感想をもとにしているだけなので一意見としてとらえていただけたらと思います。

 

では洋画、邦画関係なく13作品のご紹介です!!!

↓↓7月公開映画から!(※7月25日~)↓↓

1.野火

上映日:2015年 7月 25日

製作国:日本 / 上映時間:87分

私的期待度:★★★☆☆ (戦争映画は好きではないのでなんとも言えない・・・!)

※R12指定

f:id:nodogurokun:20150719185434j:plain

第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。
日本軍の敗戦が色濃くなった中、田村一等兵塚本晋也)は結核を患い、部隊を追い出されて野戦病院行きを余儀なくされる。

しかし負傷兵だらけで食料も困窮している最中、少ない食料しか持ち合わせていない田村は早々に追い出され、ふたたび戻った部隊からも入隊を拒否される。そしてはてしない原野を彷徨うことになるのだった。

空腹と孤独、そして容赦なく照りつける太陽の熱さと戦いながら、田村が見たものは・・・

 

この映画は戦争を題材にした映画です。予告を見ればわかりますが、それがかなり生生しい表現で戦争の悲惨さを描いているよう。”PG-12界では最狂クラスの映画”とレビューしている人がいましたが、かなりドギツイシーンが多いようです。

しかし、そのような容赦のない描写は戦争映画の魅力を引き立たせているのはもちろんのことで、今年ベスト!と位置付けている人もいました。

”映像美が良い意味で戦争映画らしくない”という評価をしていた人もいたので、映像の質感がどんなものか気になるところでもあります。

 

2.人生スイッチ

上映日:2015年 7月 25日

製作国:アルゼンチン/スペイン / 上映時間:122分

私的期待度:★★★★★ (だってアルゼンチンでアナ雪こえだもん)

IMDbでの評価:8.2/10

f:id:nodogurokun:20150719185507j:plain

これはストーリーを知らない状態で見た方が楽しめそう!

ということであえてストーリーは載せません。

オムニバス形式で6つの独立したエピソードで構成されている今作。

レビューを見る限り、”かなりブラックユーモア溢れる作品”なようですね。

だから「後味が悪い」「気持ち悪い」「下品」という声がちらほら・・・

それでもアルゼンチン人は大爆笑だったみたいなんで、これは好き嫌い別れる作品になりそうです。特にあんまり不謹慎とか考えずブラックユーモアで笑える人が楽しめそうですね

3.ミニオン

上映日:2015年 7月 31日

製作国:アメリカ

私的期待度:★★★★☆(ミニオン好きなんだもん。楽しめないはずがない)

IMDbでの評価:6.8/10

f:id:nodogurokun:20150719185541j:plain

 

人類が誕生する遥か昔、黄色い生物としてミニオンは誕生した。 長い年月をかけて進化しながら、絶え間なくその時代の最も強いボスに仕えてきた。 Tレックスからナポレオンなどあらゆるボスに仕えてきたが、失敗ばかりで長続きしない。 やがて仕えるボスがいなくなり、ミニオンたちは生きる目的を見失ってしまう。 ミニオン滅亡の危機が迫る中、兄貴肌のケビン、バナナのことで頭がいっぱいのスチュアート、 そして弱虫のボブが仲間たちを救うべく立ち上がった。 極寒の南極からニューヨーク、そして流行の最先端を行くロンドンへ―― 新たな最強最悪のボスを探しに、ミニオンズの壮大な旅が始まる。

ミニオンズ | 映画の感想・評価・ネタバレ Filmarks

 

まさかの『トイストーリー3』『モンスターズインク』超えの大ヒット!!

これは安心して笑えそうって予告みて思います。

既出レビューもなかなかの高評価。

とりあえずミニオン好きにはたまらない映画なのは間違いない。だってミニオンだらけなんだもん。

米国の吹き替え声優は、サンドラ・ブロックマイケル・キートンが担当しているみたいなので彼らのファンは字幕版の方がいいかもしれませんね。

そうではない人は情報量の多い日本語吹き替えの方が楽しめそう。「バケモノの子」でいい演技をしていた”宮野守”もでますし!

ま、聞いた感じ相変わらずミニオンがバカやってる映画のようです。

 

以下からは8月公開映画

4.進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

上映日:2015年 8月 1日

私的期待度:★★☆☆☆ (ハードル下げた方が良さそう)

f:id:nodogurokun:20150719185622j:plain

 

その日、人類は思い出した―。 百年以上前、突如現れた巨人たちに、 人類の大半は喰われ、文明は崩壊した―。 この巨人大戦を生き残った者たちは巨人の侵攻を防ぐため、 巨大な壁を三重に築き、内側で生活圏を確保して平和を保っていた。 だが百年、壁が壊されなかったといって、 今日、壊されない保証はどこにもない―。

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN | 映画の感想・評価・ネタバレ Filmarks

 

これは確実に原作ファンと全く知らない人で意見が分かれそう。

「人間対巨人」という知識レベルの人で面白かった!と感想を上げている人がいましたが、既出レビューが少なくなんとも言えない状況です。

特に原作ファンの感想が気になるところ。

登場キャラクターからして完全に原作とは違うものになっていることは間違いありませんが、別モノと考えて楽しめる作品かどうかが問題です。

 

HPにめちゃくちゃ力入ってます!

5.ラブ&マーシー 終わらないメロディー

上映日:2015年 8月 1日

製作国:アメリカ / 上映時間:122分

 私的期待度:★★★★☆ (理由:ビーチボーイズポール・ダノジョン・キューザック

IMDbでの評価:7.9/10

f:id:nodogurokun:20150719185653j:plain

 

1960年代、カリフォルニアザ・ビーチ・ボーイズは人気の頂点にいた。だが、新たな音を求めてスタジオで曲作りに専念するブライアン(ポール・ダノ)は、新作へのプレッシャーから心が完全に折れてしまう。それから20余年、ブライアン(ジョン・キューザック)に再び希望の光をもたらしたのは、美しく聡明な女性メリンダとの出会いだった──。

ラブ&マーシー 終わらないメロディー | 映画の感想・評価・ネタバレ Filmarks

 

キャストからして楽しみな一作。

なんたって、「ハイ・フィデリティ」のジョン・キューザック。そして「ルビー・スパークス」のポール・ダノですよ。この二人が精神を病んでいる天才の役をするんですから、もう例えストーリー悪くても個人的には満足できそうです。

 そして作中では「ビーチボーイズ」の名曲が多く使われており、「ジャージーボーイズ」みたいに音楽だけでも楽しめそうですね。特に彼らのファンは確実に楽しめる映画でしょう。

 

6.ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール

上映日:2015年 8月 1日

製作国:イギリス / 上映時間:111分

私的期待度:★★★★★ (なんか雰囲気よさそうじゃん)

IMDbでの評価:6.4/10

f:id:nodogurokun:20150719185723j:plain

スコットランドグラスゴーのとある街。入院中の少女イヴ
エミリー・ブラウニング)は、一人ピアノに向かい曲を書いていた。
ある日、彼女は、病院を抜け出し向かったライブハウスで、
アコースティック・ギターを抱えたジェームズ
(オリー・アレクサンデル)に出会い、
さらに友人のキャシー(ハンナ・マリー)を紹介された。
2人の少女と1人の少年は一緒に音楽を作り始める。
魅力的なのにどこか孤独を感じさせるイヴ。
密かにイヴに恋をする理屈屋のジェームズ。
天真爛漫な年下のキャシー。
その夏、3人の友情と恋が、音楽にのって始まった-。

godhelpthegirl

 ”イギリスのスコットランドグラスゴーを舞台に、20代の若者たちの恋と
痛みを、軽やかな音楽に載せて描いた、ポップ・ミュージカル映画が誕生!
ヌーベルヴァーグを思わせるセンスの良い映像の数々、70年代風の衣装、
愛おしくて踊りだしたくなるミュージカルシーンがとってもキュート!!!”

 

なるほど、ポップなミュージカル映画らしい。

レビューを見ると、少々映画としては”軽い”という感想を持っている人がちらほらいたが、好きと思った人はとにかくその雰囲気、音楽、ファッションのセンスに惹かれまくっているようです。

「16mmで撮影」という時点でサブカル映画っぽいような。

お洒落映画が好きな人はハマる映画な気がします。

映画『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』公式サイト

 

7.ジュラシック・ワールド

上映日:2015年 8月 5日

製作国:アメリカ / 上映時間:125分

私的期待度:★★★★★  (MX4Dでみたいい!!!!)

IMDbでの評価:7.4/10

f:id:nodogurokun:20150829030435j:plain

崩壊した「ジュラシック・パーク」がある、イスラ・ヌブラル島は会社の危機的な状況にあったジョン・ハモンドのインジェン社をマスラニ・グローバル社(マスラニ社)が買収し、インジェン社を傘下に置いた為、島はマスラニ・グローバル社の所有に渡る。マスラニ・グローバル社は傘下に置いたインジェン社に遺伝子工学技術を任せ、島で遺伝子工学により、新たな恐竜を次々に造り、新たに恐竜のテーマパーク「ジュラシック・ワールド」と言うシーワールドの要素があるリゾート施設の様な施設を作った。そして「ジュラシック・ワールド」は多くの観光客が訪れる人気のテーマパークとなっていた。

秘密裏で新たに造られた新種の肉食恐竜が「ジュラシック・ワールド」の檻から逃げ出し多くの観光客を襲う悲惨が起きた時、元海軍の軍人でヴェロキラプトルの行動を研究していた、パークの管理人オーウェンは生存者達と脱出する為、対応して行く。

”さぁ、遂に恐竜が3Dだ!”「ジュラシック・ワールド」【予告・あらすじ・キャスト・公開日・公式】 - NAVER まとめ

 

もうすでにジャパンプレミアも行われ多くの人のレビューを見ることができましたが、これは余裕で期待してOKなよう。

前作の「ロストワールド」「ジュラシックパークⅢ」との繋がりがあるだけではなく第一作目の「ジュラシックパーク」のオマージュが多くされているようで、前作を見ている人は特に楽しめる作品となっているようです。

そして何より今作で楽しみにしているのがIMAXやMX4Ⅾなど体感型スクリーンで見ること。早く恐竜に追われる恐怖を迫力あるスクリーンで感じてみたい!

エンターテイメント作品としてはこの夏一番でしょう。

 

8.ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション

上映日:2015年 8月 7日

製作国:アメリカ

私的期待度:計測不可 (言わずもがな)

f:id:nodogurokun:20150719185805j:plain

 

超敏腕スパイ:イーサン・ハント率いるIMFは無国籍スパイ「シンジケート」の暗躍により、またしても解体の窮地に追い込まれてしまう。イーサンはこの最強の敵にどう立ち向かうのか?誰が敵か味方かわからない中、究極の諜報バトルが繰り広げられる。史上最難関のミッションをコンプリートできるのか!?イーサンの究極の「作戦」とは?

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション | 映画の感想・評価・ネタバレ Filmarks

 

この夏、日本で封切されるためまだ評価はわかりません!

でもミッション・イン・ポッシブルシリーズが好きなら見ますよね!私大好きなんですよ!!!もう本当に大好きなんです!!!このビックリマークの量ですよ!!!

だからこれだけ見ても楽しめるかもしれませんが、私は1から見て欲しいとファンの一人として強く思います!!!

早く見たいいいい!!!!!!!!!!

 

9.彼は秘密の女ともだち

上映日:2015年 8月 8日

製作国:フランス / 上映時間:107分

私的期待度:★★★★☆ (フランソワ・オゾン監督の最新作!「危険なプロット」大好き)

IMDbでの評価:6.5/10

f:id:nodogurokun:20150719185837j:plain

 

ダヴィッドから「女性の服を着たい」と打ち明けられ、驚き戸惑うクレールだったが、やがて彼を「ヴィルジニア」と名づけ、絆を深めていく。
夫に嘘をつきながら、ヴィルジニアとの密会を繰り返すクレール。優雅な立ち居振る舞いにキラキラ輝く瞳で、化粧品やアクセサリー、洋服を選ぶヴィルジニアに影響され、クレール自身も女らしさが増してゆく。
とある事件を境に、ヴィルジニアが男であることに直面せざるを得なくなったクレールが、最後に選んだ新しい生き方とは──?

 

キャストはフランス映画同じみの俳優たち。そして監督はフランスを代表する名監督、フランソワ・オゾンではないですか。それは期待しますよ。

今作は、”性”を題材に扱った作品です。性を切口にした監督と言えばグザヴィエ・ドランが有名ですが、少し同じような雰囲気を想像してしまいます。

けれどもグザヴィエ・ドランとは作風が全然違うので、もしかするとグザヴィエ・ドランでのセンセーショナルな性の描き方を求めるとダメかもしれません。(レビューでそう書いている人を発見)

結構コメディ要素が強く笑える作品になっているみたいですが、相変わらずしっかりフランソワ・オゾンの色が感じられる映画にはなっているようです。

 

10.ナイトクローラー

上映日:2015年 8月 22日

製作国:アメリカ / 上映時間:117分

 アカデミー脚本賞ノミネート

私的期待度:★★★★★  (予告で震えた・・・!!)

IMDbでの評価:7.9/10

f:id:nodogurokun:20150719185915j:plain

 

学歴もコネもなく、仕事にあぶれたルー(ジェイク・ギレンホール)は、ある日事故現場を通りかかり、テレビ局に悲惨な映像を売って稼ぐ<ナイトクローラー>と呼ばれる報道スクープ専門の映像パパラッチの存在を知る。 さっそくビデオカメラを手に入れたルーは、警察無線を傍受しながら事件や事故の発生を待ち、猛スピードで車を走らせ、現場に駆け付ける。良心の呵責など1 秒たりとも感じない彼の過激な映像は高く売れるが、局の要求はさらにエスカレートしていく。そして、遂にルーは一線を越える─。

ナイトクローラー | 映画の感想・評価・ネタバレ Filmarks

 

ナイト・クーラーとは報道スクープ専門の映像パパラッチをのことを指します。

そのナイトクーラーを演じるのがジェイク・ギレンホール

予告では何度も「リスクをとれ」という台詞が登場し、彼の演技はすさまじく狂気に満ち溢れているのがわかる。予告だけみてもこの感触。傑作のにおいがプンプンします。今作のために9キロ減量したという彼の冷静で狂気な演技に注目したいですね。

フィルマークスではすでに100以上レビューが投稿されていますが、その総合評価は4.0を超えており、もうこれは期待しちゃって大丈夫な映画でしょう。

11.テッド 2

上映日:2015年 8月 28日

製作国:アメリカ

 私的期待度:★★★☆☆

IMDbでの評価:6.8/10 

f:id:nodogurokun:20150719190025j:plain

バイト先で知り合った前作からの彼女タミ・リンと結婚したテッド。親友ジョン(マーク・ウォールバーグ)との悪ふざけも変わらぬ毎日の中、やがて、テッドは子供が欲しいと願うようになる。しかしそのために必要なのは、テッドが人間であるという証明。困ったテッドは美人弁護士サマンサ(アマンダ・セイフライド)に自身の弁護を頼み、法廷へと乗り込むが…。

テッド 2 | 映画の感想・評価・ネタバレ Filmarks

 

R指定verの予告が安定の下品さであることを確認したので観に行くことに決定しました。

しかし、「ハングオーバー」もそうだけれどギャグ映画の続編ってなんだかぱっとしない印象を持ってしまうんですよね。だから個人的にはそんなに期待してません!!

でも映画館でこういう馬鹿げた映画って観たいものです。

 

まだR指定verの予告を見ていない人はこちらから!

www.youtube.com

 

12.わたしに会うまでの1600キロ

上映日:2015年 8月 28日

製作国:アメリカ / 上映時間:116分

アカデミー主演女・助演女優賞W受賞

私的期待度:★★★★☆ (良作のにおいがします)

IMDbでの評価:7.2/10 

f:id:nodogurokun:20150719190055j:plain

人生には、バカなことをしなきゃ、乗り越えられないときがあるーー たった一人で3ヵ月間、1600キロの山道と砂漠を踏破するという無謀な旅で、人生をリセットしようとした女性の感動の実話。

わたしに会うまでの1600キロ | 映画の感想・評価・ネタバレ Filmarks

 

題材が実話ということもあってか、レビューを見るかぎりド直球のロードムービーのよう。

人生のどん底に立たされた時、まだそんな経験はないにしても人生を変えるために「旅にでよう」と思ったことがある人は多くいるのではないでしょうか。

だから女性に関わらず誰もが共感できる映画になっているのではないかと思っています。「旅に出たい」「人生を変えたい」そんなことを思っている人にぴったりな映画なのは間違いなさそうです。

ロードムービーにはずれなし」と思っている人間なんで普通に楽しみ。

 

13.バレエボーイズ

上映日:2015年 8月 29日

製作国:ノルウェー / 上映時間:75分

私的期待度:★★★★★ (夢に向かって打ち込む姿を見るの大好きなんです!)

IMDbでの評価:8.0/10

f:id:nodogurokun:20150719190130j:plain

 

北欧版『リトル・ダンサー』、バレエに打ち込む3人の少年の成長物語 。北欧・ノルウェーでプロのバレエダンサーを目指す3 人の少年..ルーカス、トルゲール、シーヴェルト。男子はめずらしいバレエの世界で、ひた むきにレッスンに打ち込む。時にはふざけ合いながらも厳しい練習に耐え、お互い 切磋琢磨していたが、ある日、ルーカス1 人だけが、名門ロンドン・ロイヤル・バレエスクールから招待を受けて…、3人は人生の分かれ道の選択を余儀なくされる。12歳から16歳というもっとも多 感な4年間に、危うくもしっかり未来を見据えひたむきに夢に向かって踊り続けるバレエボーイズ。躍動感溢れる映像に、彼らのきらめく一瞬一瞬が刻まれてい く。観たら必ず応援したくなる、夢、葛藤、挫折、挑戦、すべてが詰まった青春ドキュメンタリー。

バレエボーイズ | 映画の感想・評価・ネタバレ Filmarks

 

夢に向かって少年たちがバレエに打ち込む姿を映したドキュメンタリー作品。アップリンク配給です。

絶対に熱いじゃん!青春最高じゃん!!

しかもバレエということで、美しい男の子たちにも注目が集まりそうです。

映画『バレエボーイズ』公式サイト

 

 

 

以上映画好きが大注目する映画13作品をご紹介しました!

夏に関わらず今年は良作が多そうなので、本当最高です!!生きててよかった!←

まだ知らない注目映画に出会うきっかけになれたら幸いです。

 

 

 

 

 

filmarks.com