読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のどぐろパート Moo!Movie!

映画に飲み込まれた迷い主

『インサイド・ヘッド』 ライリーの頭の中がどうなってたか整理してみた!

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事概要

人の頭の中をビジュアル化するというその想像力に驚かされた今作でしたが、ちょっとどんな場所や役割があったか確認を兼ねてまとめてみました!

 

目次

  1. 感情の司令室
  2. 長期記憶
  3. 抽象概念
  4. イマジネーションランド
  5. 夢の制作スタジオ
  6. 深層心理
  7. 性格の島

 

全体地図

f:id:nodogurokun:20150723092738p:plain

 

 【感情の司令室】

f:id:nodogurokun:20150723234502j:plain

ヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、カナシミがライリーの感情をコントロールパネルを使って操作しているのがこの場所。

毎日記憶は外の長期記憶に送り、性格形成に影響する特別な思い出は司令室に保管されています。

ヨロコビ・カナシミ

【司令室の外】

1.”Long term memory”「長期記憶」

f:id:nodogurokun:20150723182057p:plain

司令室から飛び出してしまったヨロコビとカナシミが最初に行く場所です。

ここではライリーのこれまでの記憶が保管されているんですが全部が永遠に保管されているわけではなく、「いらない」と判断された記憶は消されてしまいます。

それが”The Forgetters”の仕事!

f:id:nodogurokun:20150723182445j:plain

くだらないCMソングがなぜか頭から離れなくなるのはこいつらの仕業だとわかりました。ちなみにその歌はこの曲です⇓⇓

youtu.be

 

2.”Abstract Thought”「抽象概念」

f:id:nodogurokun:20150723180643j:plain

「長期記憶」でヨロコビとカナシミは”ビンボン”に出会い、彼に司令室に続く「考えの列車」乗り場の道案内をしてもらいます。その時に近道だからと通ったのがこのトンネルです。

っで、このシーンってよくわからなかったと思うんですよ。いきなりかなりアニメ独特なシーンになったんで少しついていけなかったのが正直なところ。

では何だったのかというと、ここは記憶を”抽象概念”にしてしまうところだったんです。数ある記憶を帰納的に一般化な概念に落とし込む場所、と言ったらいいでしょうか。

子どもの成長には抽象概念を手に入れることは結構大切なことらしいですが、下記のような手順で抽象概念が形成されます。

 

ステップ1:ピカソの絵のような見た目になる

ステップ2:体が崩れ落ちばらばらになる

ステップ3:2Dの体になる

ステップ4:一つの幾何学的物体になる

面白かったのがキャラクターが2Dの体になるところ。

アニメーションの面白さが出ていました。これは3Dでみてもここだけはちゃんと2Dにされているらしいです。

 

3.”Imagination Land”「イマジネーションランド」

f:id:nodogurokun:20150723184633p:plain

「ライリーのためなら死ねる!!」

この名言が飛び出したのがここ”イマジネーションランド”。

ここでイマジネーションが生まれるわけですよ。ピクサーの人のイマジネーションランド行きたいですね。

物語ではビンボンにヨロコビとカナシミは案内をしてもらいます。

 

以下その内容

※日本語の名称覚えてません知りません()

・「French fries forest ”フレンチフライの森”」(ポテトがたくさん)

・「Trophy Town ”トロフィーの街”」(トロフィーが絶対に貰える)

・「Cloud Town ”雲の街”」(雲に乗ることが出来る)

f:id:nodogurokun:20150723185120j:plain

・「Ⅼava pit ”溶岩”」(溶岩の上を渡らないといけない)

・「The Imaginary Boyfriend Generator ”脳内彼氏製造機”」(「ライリーのためなら死ねる」)

 

ライリーの成長とともにイマジネーションランドの内容も変わっていくよう。

 

 4.”Dream Prodaction”「夢の制作スタジオ」

f:id:nodogurokun:20150723190927p:plain

ライリーを起こすためにヨロコビ、カナシミ、ビンボンの3人が向かったところです。

ここではその名のとおり寝ている時に頭の中に流す映像つまり”夢”を撮っています。

f:id:nodogurokun:20150723192204p:plain

”レインボーユニコーン”という感情たち憧れの女優がいたり、かなり映画撮影所っぽい印象です。個人的には夢の撮影シーンが結構お気に入りです。

 

5.”Subconscious”「深層心理」

f:id:nodogurokun:20150723192556p:plain

ビンボンが夢で大騒ぎしたことで捕まってしまい、その後閉じ込られる場所がここです。この深層心理ではライリーの隠したいほどに嫌いなものが眠っています。

その一つが”ジャングル”というピエロの存在です。

f:id:nodogurokun:20150723193254p:plain

やっぱりピエロは永遠の子供の敵・・・

 

ライリーはこの”ジャングル”(ピエロの名前)がかなり怖いよう。ライリーにとっては、三歳の誕生日会に本物のエンターテイナーとしてのジャングルを見かけた時以来のトラウマみたいですね。

ちなみに私もおばあちゃんの家にいたピエロがとてつもなくトラウマです。マジであれはない・・・

 

6.”Personarity Island”「性格の島」

f:id:nodogurokun:20150723233550j:plain

・アイスホッケーの島

・友達の島

・家族の島

・おふざけの島

・正直の島

11歳のライリー性格の島には、この5つがありました。

f:id:nodogurokun:20150723233606j:plain

物語では司令室からカナシミとヨロコビが不在になったことでこの島はいったん全て崩壊してしまいます。

でも性格の島ってきっと誰もが一回は壊れるような。思春期とか家族の島は崩壊しまくりますよね。ライリーもあともう一回くらい壊れるだろうな←

 

7.”memory dump”「記憶のごみ捨て場」

f:id:nodogurokun:20150724000414j:plain

長期記憶などで保管されていて”不要”とされた記憶が捨てられる場所。自然と忘れ去られ消えていくようになってます。

だめだ。ビンボンのことしか考えられない・・・

 

 

 

以上、ライリーの頭の中を整理しましたがもっと何があるか知りたくなってきました。

だから『頭の中攻略ゲーム!』とか作ってほしい。ライリーのだけじゃなくて色んな人の頭の中がステージとしてあってそこで探検するっていうゲーム。

あれ、結構ありじゃないか?

 もうあるのかな。おとなしく探してみます。

 

 

 

 他にもインサイド・ヘッド関連の記事色々書いてるので是非!

nodogurokun.hatenablog.com

nodogurokun.hatenablog.com

nodogurokun.hatenablog.com

 

 

 参考サイト!

disney.wikia.com